家’Sハセガワ
電話番号:0120-72-3878

はじめての家づくり4 気になる税金は?

家づくりの基礎知識

気になる税金は?

❶ 活用できる税制優遇制度、補助金を知る

契約や入居するタイミングによって、活用できる税制優遇の内容が変わってきます。

また、この優遇措置は年末のローン残高に対しての優遇となります。住宅に関する税制優遇制度や補助金の情報をきちんと把握することで、より賢く家づくりができます。

❷ 住宅ローン減税

住宅ローン減税制度は、住宅ローンを借入れて住宅を取得する場合に、取得者の金利負担の軽減を図るための制度です。
毎年末の住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうちいずれか少ない方の金額の1%が10年間に渡り所得税の額から控除されます。(住宅の取得対価の計算においては、すまい給付金の額は控除されます。)

また、所得税からは控除しきれない場合には、住民税からも一部控除されます。この住宅ローン減税制度は、平成26年4月からの消費税率の引上げにあわせて、下表のとおり大幅に拡充されています。なお、申請は住宅ローンを借入れる者が個人単位で申請します。世帯単位ではないことに注意して下さい。

❸ 長期優良住宅 優遇措置

長期優良住宅とは、「良い物を造り、きちんとお手入れをし、長く大切に使う」というストック型社会の実現のため、平成21年6月4日に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に適合、認定を受けた住まいのことです。
日本の住まいの寿命は30年程度と言われており、住まいを長持ちさせることが、暮らす人のコスト負担を削減することはもちろん、より地球環境にやさしい暮らしを実現することに繋がるのです。
この長期優良住宅は、定められた一定以上の住宅性能や保全計画の作成等を行い、認定を取得することで様々な税制優遇措置や住宅ローン金利の優遇が適用されるというメリットがあります。

※2014年4月現在の情報を掲示。※住宅ローン減税については、平成26年居住の場合の数字です。
※年間等により各優遇措置は異なる場合がございます。※各種優遇については期限や一定の条件がございます。
※プラン等のご要望によっては該当しない場合がございます。※地域や商品・プランによって一部対応が異なる場合があります。
※長期優良住宅の優遇を受ける場合には認定の申請取得が必要になります。
※金利優遇については募集金額に達する見込みとなった場合は申込期限前でも申込受付が終了となる場合がございます。
※詳しくはお問い合わせ下さい。

はじめての家づくり

家づくりの流れは?建てたい家のイメージは?資金計画は?|気になる税金は?|土地はどう選ぶの?

家の機能と性能

家族を守る!耐震構造快適に暮らす!高断熱工法長く住む!高耐久施工