家’Sハセガワ
電話番号:0120-72-3878

はじめての家づくり1 家づくりの流れは?

家づくりの基礎知識

家づくりの流れは?

❶ どんな家に住みたいかをイメージする

戸建て住宅が欲しい!
でも、何からはじめればよいか、具体的に浮かんできませんね。

まずはご家族で会議を開き、「どんな家に住みたいのか?」
「家づくりの中で、何を優先するのか?」
という相談をすることが大切です。ご夫婦のイメージでもそれぞれ違いますし、
これが二世帯住宅などで、住まわれるご家族の人数が多くなる場合などは、様々な意見が出てきます。
はずはご家族での徹底した話し合いがスタートになります。

❷ 「したい」を整理する

たとえば「外観デザインは、和モダン。」
「お庭か、広いウッドデッキが欲しい!」
「太陽光発電でエコな暮らしがしたい。」
「子ども部屋は2部屋欲しいけど、フリースペースでのびのび育てたい」など、
自分たちが住みたい家のイメージを出し合うことで、目指すべき家のイメージが見えてきます。

❸ 情報収集は小まめに

「自分たちの住みたい家」のイメージができたら、情報収集をはじめましょう。
今は、インターネットや住宅情報誌・書籍などで多くの情報を入手することができます。
モデルハウスや現場見学会に足を運ぶもよし。家を建てられたご友人の経験談を聞くもよし。
そうして多くの情報を集めて自分たちの知識に変えていく。
それが、「いい家づくり」の材料となっていくのです。

❹ 家づくりに必要な項目とスケジュールを知る

①まずはプロに相談 住まいづくりに関するご希望や、夢を叶えるためのご質問など、大事な資金計画も含めて、住まいのプロに相談してさらに具体的にしていきましょう。
 
②土地探しと現地確認 専門業者と条件に合った土地を見つけ、実際に土地の大きさや形状、周辺の環境や法律上の条件などを確認します。長く住み続けるための最適なプランを立てる基本です。
 
③プランづくり イメージから図面へ。具体的な計画の内容を充分にご確認いただいた上で、プラン・着工日・金額など、お打ち合せ内容を盛り込んだプラン造りを行います。
 
④融資事前申し込み 建築確認申請書の提出や金融機関へ事前申込み手続きなどを実施します。
 
⑤地盤調査 建築地の地質がどのくらいの強さかを、専門の地盤調査会社が調査します。
 
⑥図面の確認 最終的な仕様を記載した見積書・設計図の確認を行いながら、工事面積や設備などを決定し、最終のご契約を行います。
 
⑦着工 工事開始の挨拶をご近所様に行い、いよいよ着工。
 
⑧検査 工事中に業者様品質自主チェック42回、監督品質チェック13回、御施主様立会い検査6回、公的機関検査1回、会社役員検査2回、御施主様最終検査1回の合計65回の検査実施。
 
⑨完成・お引き渡し お客様が快適に建物を御使い頂く為に取扱説明を行い、新居の鍵の御引渡しとなります。
 
⑩保障・アフターメンテナンス アフターメンテナンスなどでながく安心して暮らしていただけるようにサポートさせて頂きます。

 

はじめての家づくり

|家づくりの流れは?|建てたい家のイメージは?資金計画は?気になる税金は?土地はどう選ぶの?

家の機能と性能

家族を守る!耐震構造快適に暮らす!高断熱工法長く住む!高耐久施工