家’Sハセガワ
電話番号:0120-72-3878

耐震・耐雪

耐震

家’Sハセガワの耐震住宅
2007年中越沖地震での損壊0棟

家’Sハセガワの住まいは耐震機能などを徹底的に追求し最新の工法を積極的に導入しています。
構造にこだわり、中越沖地震でも揺るぎない成果を残しています。

  • 四隅を筋金入りの強さに
    「基礎コーナーハンチ」
    基礎コーナーハンチ
  • 繰り返す巨大地震に効果を発揮する
    木造住宅用制震装置
    「木造制震ダンパー住守」
    「木造制震ダンパー住守」
  • 地震に強い足下を実現!
    「パワーベース基礎工法」
  • 実に床倍率3倍!
    「耐震プラットホーム床工法」
  • 壁倍率5.0倍以上を実現!
    「木造軸組工法+構造用耐力面材工法」
    ※はるめんとに採用
  • 地中の安心も測ります。
    「地盤調査」
  • 土地そのものもお墨付き。
    「地盤保証」

耐雪

最大4mの雪の重さに耐えます
耐雪住宅「フォルテ」

(はるめんと および スーパーはるめんとに採用)

雪といかに付き合っていくか。それは雪国に住む私たちにとって、永遠の課題。
その答えが、上越地区の豪雪データに基づいて設計された耐雪住宅です。

雪国上越のロングランヒット300棟以上!
「フォルテシリーズ、はるめんとフォルテ」
家’Sハセガワが研究を重ねて開発した、オリジナル・フラットルーフ(水平屋根)の木造耐雪構造住宅「フォルテ」。2m耐雪(フォルテ2000)から4m耐雪(フォルテ4000)まで各バリエーションをご用意しています。「はるめんと」と組み合わせれば冬対策は万全です。

積雪4mの雪の重さに耐える家。
危険なし!近隣トラブルなし!!
「フォルテ」は雪の処理に必要な手間も費用もかかりません。雪国の事情を熟知したスタッフがその悩みを解決した、まさに夢の住まいです。また、雪下ろし不要なので、狭い敷地でも最大限の建築が可能。ご近所の方に迷惑をかける心配もありません、高床式にすることで、さらに土地の有効利用が図れます。

雪は減っていない!?
上越地区は近年増雪傾向!!
「前に比べて雪は少なくなった」と言われていますが、平成29年度の豪雪も記憶に新しいように、いつまた大雪に見舞われるかわかりません。地域の豪雪データをもとに設計した、最大4mの積雪に耐えられるフォルテは「雪国の住まいに安心」と高い評価を得ています。

上越市内の年度別降積雪資料