トップページ> ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)





住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)
平成28年7月29日付けで、弊社のZEHビルダー登録が決定しました。





ZEH (ゼッチ )とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。









2014年4月の閣議決定「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅(ZEH)の実現を目指す」とする政策目標が 制定されました。 経済産業省は2016年4月、「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)支援事業」におけるZEHビルダー登録制度の概要案を公表しました。この制度は補助事業執行団体にて登録要件を満たす工務店やハウスメーカー、建築設計事務所などを対象として公募を行い、「ZEHビルダー」として登録するものです。





ZEHビルダーに登録している業者がお客様のZEH基準の住宅を建てる場合、補助金申請を行えば、現在は経済産業省の予算から1戸当たり125万の補助金が受け取れます。



家’Sハセガワは、
お客様の家電消費を効率的に抑え、
ゼロエネルギー住宅実現をサポートしています



▲ページの先頭へ