What's Reform

家'Sハセガワのリフォーム「家'SすまいUP」とは

住むことに喜びを感じる  +  日常を極上に

建物は見た目をきれいにすることだけがリフォームではありません。
本当に必要なことは気候条件の厳しい雪国、
上越地域特有の悩みを解決し、安全で安心、
健康で永く快適に暮らせる理想の住まいをつくることです。
それが家’sハセガワのすまいUPリフォームです。 

日常が極上になる。これが本当の断熱解消

今ある住まいをそのまま最新の耐震・高断熱高気密住宅に。
家’sハセガワの「はるめんとリフレ」は、床、壁、天井を断熱施工。

夏の暑さ、冬の寒さを忘れる家

室内の温度を一定に保つことにより、冬場のヒートショックの予防ができ、 快適な住宅環境になります。

年間の暖房費が1/3、経済的です

はるめんとリフレの高断熱高気密は従来工法に比べて 熱損失が大変少なく、一般住宅の1/3の暖房費になります。

結露からの解放、家が長持ちします

はるめんとリフレは室内や壁の中に湿気が発生しにくい通気工法なので結露が発生しづらく建物の耐久性を向上させます。

■結露とカビ・ダニの発生、結露が家族の健康を
むしばむシックハウスの大きな原因です。

結露水からカビが発生、それを餌にしてダニが繁殖。これらのダニやその死骸、糞、カビや胞子などがハウスダストとなり小児ぜんそくやアトピー性皮膚炎の原因になります。この問題をを発生させない住環境をつくりことが必要です。

    

■家の寿命は結露できまる

家の寿命は結露の発生に左右されます。結露による結露水で構造材を腐らせ、様々な欠陥を引き起こします。結露の防止は、住宅の施工方法、換気、断熱、気密など性能を高めることが不可欠で、家の寿命に深くかかわってきます。 

■結露とカビ・ダニ発生のメカニズム

汚れた空気からの解放、快適なくらしです

室内の換気を計画的に行う事により常に新鮮な空気の中で生活できます。

住宅断熱で健康寿命がのびる

現代の日本は医療技術の発達により平均寿命が延びており、世界でも上位に入る長寿国となりました。
毎日を過ごす住まいと、健康寿命には密接な関わりがあるということをご存知ですか?
住宅断熱をすることにより得られる健康面へのメリットと、リフォーム推進の理由が見えてきます。

■断熱と健康の関係。高断熱の住まいに住むと疾病率がさがります。

断熱住宅に転居した後、病気の諸症状が転居前よりでなくなった人の割合(改善率)を示すもので、どの症状も断熱性能が高くなるほど改善率が上がっています。
なかでも気管支喘息、のどの痛み、せき、アトピー性皮膚炎、肌のかゆみの改善率は一番低い性能でも30%を超えています。

転居後の住宅の断熱グレード

■死亡原因ごとの月別死亡人数

■死亡原因ごとの月別死亡人数

■断熱と健康の関係。高断熱の住まいに住むと疾病率がさがります。

断熱住宅に転居した後、病気の諸症状が転居前よりでなくなった人の割合(改善率)を示すもので、どの症状も断熱性能が高くなるほど改善率が上がっています。
なかでも気管支喘息、のどの痛み、せき、アトピー性皮膚炎、肌のかゆみの改善率は一番低い性能でも30%を超えています。

住宅の断熱化の状況

■医療費削減効果と住宅断熱化の関係

住宅の断熱化は、急激な温度変化を起こさない為ヒートショックの予防や、アレルゲンとなるダニ・カビの発生を根本から絶ち、結露の発生しない住環境を作る事が出来るので小児喘息やアトピー性皮膚炎から子供たちを守る事が出来ます。
そして医療機関への受診の機会を減らし、医療費の削減と健康との両方の側面で暮らしを支えることができます。

住宅断熱化による医療費削減効果

はるめんとリフレ <高断熱高気密の改修提案例>

お客さまのご要望に応じた、改修をいたしますので、
にお問い合わせ下さい。

今あるすまいを快適な空間に、
家族が健康に暮らせるプラン改修

高断熱高気密改修 (1階,2階35坪部分改修例)

間取り図
①床 床下部分より断熱処理
②壁 現状のまま(床下、天井より気流止め処理)
③天井 既存天井下防湿シート、PB下地クロス貼り
(既存天井上吹込断熱材処理)
④窓 既存窓内側インナーサッシュ取付
⑤階段部分  1階部分にて断熱気密ドアにて区画
⑥暖房 改修部分 石油FFファンヒーター1台にて暖房
⑦内部に断熱気密ラインに建具がある場合
  既存建具に気密パッキン材にて隙間部分を処理
⑧換気扇 既存換気扇についてはプロペラファンのみ入替

ご夫婦お二人で1階スペースを快適に暮らす
セカンドライフプラン改修

高断熱高気密改修 (1階17坪部分改修例)

間取り図
①床 床下部分より断熱処理
(床下が低い場合は基礎断熱)
②壁 現状のまま(床下、天井より気流止め処理)
③天井 既存天井下防湿シート、PB下地クロス仕上げ
(既存天井上吹込断熱材処理)
④窓 既存窓内側インナーサッシュ取付
⑤暖房 1階石油FFファンヒーター
2階エアコン1台にて暖房にて暖房
⑥換気扇  既存換気扇についてはプロペラファンのみ入替

上越トップクラスの木造住宅耐震改修実績

昭和56年5月以前に建てられたお住まいは耐震改修のご検討をオススメします。
家’sハセガワには7名の耐震診断士がおります。
安心して私たちにお任せください。

あなたのリフォームはどのタイプ

リフォームは、家族構成の変化、子育て、予算などさまざまな条件や目的ですべて違います。
お客様の本当のニーズを添ったリフォームプランをご提案いたします。

一例をご紹介します

楽しく充実した生活をおくるための住まい。

可変性とオープン空間

使わない部屋ができれば、思い切って不要な間仕切りを減らし、オープンな空間に。明るく、風通しも良くなり、住まいに可変性を持たせることで、さらに使いやすくなります。例えば、間仕切り開閉壁を設けておけば、大人数の来客に対応できるリビングルームと、間仕切ることで来客用寝室としても使えます。

バリアフリー

住まいのバリアフリー化は50代・60代からのリフォームには欠かせません。ただ、今手すりなどを付けておくのではなく、将来的な身体の衰えに対応出来るように準備しておくことも大切です。間取りはできるだけ単純に移動しやすくし、通行幅を確保し、段差は解消しましょう。

価値観や暮らし方が異なる二つの家族に同居にはそれなりの配慮が大切です。

プライバシーと交流する場所

それぞれのプライバシーを守りながら快適さを重視したプランニングを行いますが、一緒に仲良く暮らすためのスペースも大切です。広いリビングなどを設けて、交流する場所をつくりましょう。

みんなが使いやすい設計に

家族みんなが使いやすい設計にします。リフォームの機会に床の段差をなくしたり、玄関や浴室・トイレに手すりを設けるなど、バリアフリーへの配慮も大切です。

ご自身のライフスタイルに合わせてリフォーム。理想の住まいを手に入れる。

物件選び

くらしの夢を叶えるためには、物件選びが肝心です。特に物件購入後、くらしに応じたリフォームをするために、建物の構造体と構法によって最も適した形で修繕ポイントを見直すことが必要です。

理想とご予算に合わせて

物件が決まったら,住まいをまるごとリフォームして、新築と同様にまっさらにしたり、また、重点ポイントを絞ってリフォームすることも可能です。理想とご予算に合わせて、プランをご提案します。

リフォーム事例集の一覧へ

リフォームでご家族の新しい計画を。 まずはお気軽にお問い合わせください。

お電話からお問い合わせ
メールからお問い合わせ