トップページ> フランク・ロイド・ライトの自然と調和する家


コンセプト

世代を超えて住み継がれる家
永い年月を経ても色あせない経年変化の美しさと
居心地の良さを常に考える。

自然の光や風を屋内に取り入れ、流れるような空間を創造し、流行に左右されない安らぎ、落ち着き、居心地の良さを求めた住まい。
そして家族の絆や暮らし方が時代とともに子、孫に継承され、自然に育まれる空間。
建築家フランク・ロイド・ライトにより提唱された、有機的建築の理念に基づくこうした思想は、まさに私たち家’Sハセガワが追い求めていた家づくりそのものでした。


自然と溶け合う有機建築

なぜ、木はこんな形なんだろう。どうして花はこんな形をしているのだろう。
そんなことを考えてみたことがありますか?

環境にピッタリ適合する形は無駄が無く、
何十年、何百年経とうが本当に美しい。

つまり、流行とは関係の無い普遍的な形なのです。
有機的建築とは、『そのような普遍的な形である自然の姿に学び、建物が環境と溶け合いながら、住む人にもフィットするようにデザインすること』の重要性を唱えた、建築家フランク・ロイド・ライトの住まいに対する考え方。
その理念に従ってデザインされた数多くの住宅は、建築後100年の「時」を超えた今も大切に住み継がれています。

FRANK LLOYD WRIGHT
フランク・ロイド・ライトとは

フランク・ロイド・ライトは世界屈指の建築の巨匠です。彼は、生涯に渡り人々が快適に過ごすことのできる住宅を設計し続けました。彼は自身の作品を「有機的建築」と称し、自然界に存在する生物のような、機能的で美しい、周囲の環境に溶け込む、普遍的なデザインの建築を提唱し続けました。それらの建物は今でも世界中の人々を魅了し、建築後100年近く経過した現在でも、ライトがデザインした住宅に住む人々はその住宅に愛情や誇りを感じ、大切に住まい続けています。


デザインの特徴

デザイン3要素について

水平線は安定感、安心感を与えます。そのため水平ラインを強調したデザインを有効に使っています。
水平に伸びる家のイメージは、安らぎの感覚をあなたに与えるはずです。

 

1、正統な系譜によるデザイン
  Orthodox Genealogy & Design

2、幾何学を取り入れたデザイン
  Geometry & Design

3、水平線を強調したデザイン
  Horizontal & Design





デザインスタイル

深い軒が映す陰影と色調のコントラストが魅力の、現代版プレーリースタイル。

立体の組み合わせが織り成す機能美、ミニマム・ユーソニアンハウス。

懐かしさと落ち着きを、モダン的に表現したネオ・ジャパンハウス。

風がめぐり、光が満ちる、自然を肌で感じるナチュラルハウス。

詳しくは、オーガニックハウス公式サイトにてご覧ください。
ご質問・お問い合わせ等ございましたら、
家’Sハセガワまでお気軽にご連絡くださいませ。



オーガニックハウス 公式サイト


お電話からお問い合わせ

0120-72-3878

メールからお問い合わせ


▲ページの先頭へ